相川七瀬さんライブ at 渋谷AX 【Junko様お目当て】

いやー、気持ち的には19時開演に間に合わせるつもりで、それに合わせるように早めに仕事を切り上げられたのに、帰宅途中で緊急の要件が入って仕事に戻らされたトラブル発生!とりあえずやることちゃちゃとやって会場の渋谷AXに着いたのが20時20分なり。開演から1時間20分経ってる勘定になりますね。最近平日のライブは当日券があるなら事前に購入しないことが多くて、今回も当日で入るつもりでいたんですが、この時間でチケット代金8302円はちと痛いなあって考えてしましましたが、Junko様のプレイを見ないわけには行かんので、果敢に当日券購入、受付の方のあらあらという雰囲気が伝わってきて、なんだかチケット買っただけで達成感を味わってしまいましたよ。


開演してしまえばフロアへの入場はどこのドアからでも平気なので、前から入って目線が分るポジションを確保なり。


七瀬さんのパフォーマンスは相変わら豪快で繊細でロックシンガーらしい心の襞に訴えてくるものでした。Junko様だけを見ていたいのですが僕の視線を奪っていく魅力が七瀬さんにはあるんですよ。魔力に惹かれつつ、ふと我に返ってベースのJunko様に神経を集中させるという作業の繰り返し。けして気を使って七瀬さんを見ていたわけではありませんから!


そのJunko様、今夜も激しいパフォーマンスでプレイしていながらSoul to Soulのコミュニケーションを感じられました。出来るだけJunko様の鼓動を感じたくて自分でエアベースを弾きJunko様のプレイにシンクロさせるというオタ芸でライブを堪能。


今回から新しいベースを使ってるんですが、低音のレンジが広く、トーンの伸びは長くても音圧の変化はなだらかだったように思います。ちょっとまだ楽器の若さを感じる音質でしたが、使い込んでいけば深さのある音が出てくるんでしょうね。今回のギターは男性のサポートだったのですがSGを使っていて、この固い音質には相性が悪いなあって思いました。しかし終盤でマーティ・フリードマンさんがレスポールを持って出てきたんですが、マーティさんの出す音とは相性があってると思いました。


てかですよ、天下のマーティさんが出てきてまったく負けてないプレイが出来てるJunko様ってどうなのよ、凄くないですか。ま贔屓目が掛かっての話ですけどねw


Junko様も最高だったし、七瀬さんも最高だった。自分としては余計に動いたし飛んだから筋肉痛が心配です☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック