夏の思い出@NAONのYAON その2

8月23日 日比谷野外大音楽堂

確か前日はお天気がすぐれてなかったはず。当日も晴天とはいえないまでも晴れてはいました。

しかし、空を見ると雲は低いし、けっこうな速さで流れるし、ちょっと心配でした。



とりあえず、気分良かったので代々木公園で暇つぶし。


画像



雲は流れてますが、いい感じの空色してます。


売店でビール買い、ベンチでちょびちょびやりながらツイッターをチェックなり。ここから日比谷までは地下鉄で直ぐなので余裕です。

酔っぱらわないうちに日比谷へ移動。


日比谷界隈もいい感じでした。


画像



少し散歩。


画像



霞ヶ関の庁舎は窓が開いてますね。エアコンなしで仕事してるのか、お掃除か。




暫くして会場へ。


座席指定なので並ぶ必要はないと思うのですが、このイベントOAは開場しはじめたら直ぐに始めるんですよ。OA出演権をオーディションで獲得した、DARARAとSEKIRARAも見たいので並んで入りました。


入りとりあえず売店でお酒の入手なり。ビールと缶チューハイの2本。きっと朝から凍りいれて冷やしてたのでしょう、既に暑さで氷が解けたと思われ缶がぬるいとか。ややショック、そして前もこれやったと思い出し反省なり。ちょっと仕込んでおけばよかったな。


席についてプシュッっとやったところでOAのステージが開演なり。

SEKIRARAはボーカルに勢いがあって良いのですよ。
DARARAはツインギターなんですよ、これがなかなか良い絡みをして良いのですよ。
上昇稀流
ひらがな路線

合計4バンド

それぞれ一曲なり。確か両バンドとも関西在住ではなかったかな。

思い出深い1曲になったことでしょう。



でもって空を見るとヤバイ雰囲気ではないですか。


画像



予感はしてたのでカッパは用意してあるのだ。




しばしだらだらした時間。ヲ知り合いに挨拶したり、関係者エリアにいたChelsyメンバーのAMIちゃんSHIZUKAちゃんに接近してご挨拶なり。わざわざ声を掛けられる位置にいるのは彼女達の優しさだと思われます。それに甘えすぎず、程ほどで退散した次第。


タイムテーブルは発表されてないのですが、当然のこと出演者のなかでもっともビギナーなChelsyは本編の一番手だと思ってたら、意外にもSilent Sirenはトップで出てきました。意外ですね。人気あるんで会場は盛り上がりますよね。なにげにChelsyとファンが被ってるのでございます。デビュー当時から緩く見てますけど、最近音楽的には伸び悩みじゃないかと思ってます。


2曲やり盛り上げたところで下がると思いきや、3曲目がり相川七瀬さん登場なり。大御所組の方ですが、その中では若手になるので、こいう順番なのでしょうか。サイサイと夢みる少女じゃいられないでコラボして、イベント自体のエンジンが全開になったのでした。


さすがにChelsyはこういう演出には役不足だもんな。運営もいろいろ考えてるんだなってのが分ったのでした。


Chelsyは2番手で登場。

サイサイ終わり、サイサイのメンバーにSHAW-YAの寺田さんがインタビューしてる間に、当然お客さんは楽しかったなあって印象もって着席されたわけです。

寺田さんに呼び込まれて登場するも、殆どのお客さんは誰よ?って空気なわけですよ。さっきまで楽しかったのにってな感じなわけですよ。

さて、Chelsyはどんな演奏を披露するのかと、ワクワク、どぎまぎして固唾をのんで待っていて、聴こえ始めた曲はバラードっす。出来るのは1曲か2曲なわけで、てっきりイベントの流れに合わせたアップチューンの曲で攻めてくると思ってました。

これは意外だった。

おおっーって思ってる間に会場の空気がすーっと落ち着いたんですよ。なんだよっていう批判的な感じじゃなくてちゃんと聴いてるんですよ。そこで理解したんです。知らない人たちの前で演奏するんだから、Chelsyの美点をさらけ出さないといけないんだって。

Chelsyの大きな美点の一つは、MIOちゃんのピュアでありながら芯のしっかりしたボーカルですからね。

2曲目に繋がるところでアップテンポのセッションが始まると、お客さんどんどん立ち始まってのってくれるじゃありませんか。暖かい雰囲気です。

雲の暑さが増し会場も薄暗くなったのですが、なんかスカッと明るくなった気がしたのですわ。


そして始まった2曲目は「YES」であります。最新曲でも、直ぐ控えてる新曲でもなく、歌詞にメッセージ性があり、ビートが強くキャッチーなメロがある曲を持ってきたのは的を得ておりますな。耳に残った歌詞に興味持ってくれるかも知れないし、のってくれれば体験として覚えてもらるだろうしね。


実際、お客さんのってくれて良かったっす。






あと、ドラムは先輩方と同じ高台にあるもので3台あるうちの真ん中のを使ったのですよ。スゲー立派に見えるぜ。

画像



2曲で終了、転換中に袖で寺田さんのインタビューを受けるChelsy、なんだかやたらと寺田さんに褒められるのです。リアクションとってるAMIちゃんが暴走ぎみになったところでSHIZUKAちゃんが嗜めるという見たこと多い展開でした。



もう、これで俺のNAONのYAONは終わったのです。


が、折角なのでこの続きも観覧なり。

これから後は特段に興味はないんです。あえて言えば、小林香織さん、ERYさん、安達久美さんかな。全てサポートプレイヤーとか。八神純子さんは興味なるか。子供の頃テレビで見てた人だもんね。

後に控えてる大御所さん達は全盛期のときにボク通ってないんですよ。


こっからはお酒を切らさないように、ちびちび飲みながら後ろで立ち見したり、席で見たり、ぶらぶらしてました。


ERYさんは出てくると目を引かせるよね。


そうそう、このイベントってバンドンイベントって言うより、ボーカルのイベントだと思うんですよ。リハーサルが十分に出来ないってこともあると思うんですけど、サウンドが落ち着いちゃってもの足りないんですよね。特にセッションの場面とかは見せ場でありながら、いまひとつなんです。A,Bエリアだと違うかも知れませんけどね。

とは行っても心地よい音楽であるのは間違いないので、お酒が美味しかったです。

ビール、ハイボール、チューハイで5本呑んだかな。



なかなか気分良くなったところで八神純子さんの歌を聴いたのです。

やばかったです。

スゲー迫力だし、声が若いのな。まるで20代の歌声ですよ。感動しました。



そうそうGacharick Spinですが、好きな人はやっぱ多いんですよね。昔より同期は断然少なくなってるのは好印象。ダンサーさんの振り付けはどうかな、もっと綺麗に見ればいいのにって思っちゃうな。そしてTOMOのギターは旨い。美味しい。自分のバンドより、他の人とのセッションでそれが分るのですよ。ほんとガチャはギターサウンドメインであやればいいのにって思うな。




ということで、最後まで見て退散なり。


途中、eggmanに行きたい衝動に駆られましたが、乗った船で到着しようと思いとどまったのでしたよん。




アディオス☆




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック